【Youtube】猫動画チャンネルのコツ。やるならとことんやれ

IT系の話

最近…猫動画増えましたね。猫は癒やしが仕事、まさにパーティーで言えばヒーラー的役割を果たしていると思ったら、ゴリゴリの戦士でしたね。一家の大黒柱、パーティの支柱です。まさか猫がお金を稼ぐために勇者に利用されるとは思いませんでした。

そんな商魂たくましい勇者の皆様に大事なことをお伝えしたいと思います。
「猫でどうやって稼ぐのか」
これに絞って賢い猫動画についてお話ししようと思います。

商売人だと透かされるな

How to use your imposter syndrome as an asset

「猫動画運営者は商売人」
これは今に始まったことではなく、昔からそう思われています。
・子供動画
・コラボ動画
をする人と同様に商売人の中の商売人です。言ってしまえば、Youtubeに動画を上げている時点で商売人です。

ただ、猫というセンシティブな動物を利用する場合は商売人だと思われてはいけません。
なぜなら猫好きは感情論者が非常に多く、頭の良くない人が多いです。そしてTwitterなどでクソリプをするような人と同じで突撃性能も持っています。
1度ネガティブに捉えられるとかなりの間粘着されます。その間、一時的な再生数は伸びても長期的な運営が難しくなります。多くの潜在ユーザーは声を上げることもなく「こいつは金の匂いが強すぎる」と思われ、離れていきます。

猫好きはそんな金の匂いのする猫Youtuberから
「この人は他の猫Youtuberとは違う」
「この人は良い人」
という人を探しています。そう思える人を探しています。気持ちの良い状態で猫動画を見たいと思っています。

であれば、そういった猫動画を作りましょう。そう思われるポイントはこちらです。

顔を出さない

顔は出したらいけません。

猫動画を見る人はあなたの顔なんて1ミリも見たくありません。どんなに可愛い子でも見たくありません。可愛い子を見たい時は可愛い子が可愛いことをしている専門のチャンネルを見ます。
年増の既婚女性が勘違いをして顔を出し始めた時は最悪です。
「自己承認欲求を制御できなくなったのか」
ときちんと透かされています。

有名人になりたい。可愛いって言われたい。カッコいいって言われたい
この気持はわかりますが、猫動画をやるなら我慢しましょう。
猫が主役です。脇役が出しゃばってはいけません。

猫への投資を忘れない

猫に対してお金を使いましょう。

高い遊び道具や高いご飯を買いましょう。という話ではありません。猫動画に出ている猫は充分に満たされています。それ以上にお金を使っても価値はありません。

では何にお金を使うべきでしょうか。
答えは保護団体や慈善団体です。別に大金を支払えというわけではありません。数万円で良いんです。
昨今の加工技術により画像は証拠にならないので動画で支払履歴などを撮りましょう。

無理にネタを作らない

枯れたYoutuberを見ると分かりますが、無理をしている感が痛々しいです。
「そこまでしてお金が欲しいか?」
このように思われたら先細りルートに突入です。
※成金売りをしているYoutuberは別

特に猫動画は無理にネタを作って頑張ろうとしている姿がバレるとユーザーが離れます。
そもそも猫自体、こちらの思惑通り動きません。その前提があるにも関わらず、吹き出しで
「なんなの?」
「呼んだ?」
「ご飯は?」
など猫が喋っているようなサムネ。めちゃめちゃ寒いです。猫字幕も同様です。

猫を撮ってその様子を見てもらうことから、猫を出汁にコント動画を作り始めちゃっています。
やっている本人は面白いと思っているかもしれませんが結構勘違いなので要注意です。

猫を大切に扱う

当たり前のことですが猫は道具ではなく動物です。お金に目が眩み、都合の良い時だけ動画を撮っていませんか?それではダメです。

素人目にも猫が飼い主に懐いているか分かります。猫に個性があったとしても、猫にきちんと向き合っていると、どんな猫でも一定のレベル以上に懐きます。

腰をポンポン叩いていたり、甲高い声で話しかけていたり、追いかけ回していたり、無理やり引き寄せたりしていると懐いているようで心を許しきっていないのが分かります。

また、最近多いのが子猫関連です。子猫はすぐ寝たり、あまり抵抗しません。これい良いことに
・子猫が一緒に寝ている
・子猫が並んでいる
など、勝手に持ち上げて寄せて置いているのは見え見えです。

猫ガチ勢の心まで掴みたいのであれば、猫としっかり向き合いましょう。

 

ストーリーを明確に

ProjectManagement.com - Ten CO2 Risk Response Pathways

Youtubeチャンネル全般に言えることですがストーリー性はとても重要です。なぜなら人はストーリーに惹かれてファンになったり、気になってしまうものです。
あなたの猫動画はどんなストーリーがあるのでしょうか。
・野良の子猫を拾い上げて育っていくストーリー?
・保護猫を貰い、里親が見つかるまでに元気になっていくストーリー?
・同じ品種の猫の家族が楽しく暮らすストーリー?
・弱った猫が元気になるストーリー?
ストーリーが良いか悪いかは置いといてもこのようにストーリーを作って辿っていく必要があります。

ただ、これも間違えたストーリーや変な方向に逸れていくストーリーがあります。
以下のようなストーリーにならないようにしましょう。

終わったストーリーを無理に引き延ばそうとする

ストーリーの引き伸ばし程、駄作になるルートはありません。
・子猫が成猫になりきったのに、成猫に色々させる
・既に元気になった猫の経過を何度も撮る
など、そんな猫の動画に興味は湧きません。ストーリーの飽きにプラスして金の匂いまでし始めてしまいます。

そうではなく、猫に新しいストーリーを作りましょう。もしくは終わらないストーリーを考えましょう。

 

練られていないストーリー

これは最近有名になりましたね。
・子猫を偶然拾った
から始まるストーリー。設定が甘く、リリース&キャッチが分かってしまうものは正直言って愚か過ぎます。

そもそも、弱った子猫を拾うなんてことはありえません。
・財布拾いました
・老人助けました
こんな動画をそこらへんの投稿者が上げていたら気持ち悪いですよね。それと同じです。子猫を拾うなんてことはありえません。全ての動画が設定です。
・去勢されていない成猫を見つけて、その辺りをマークしておく。子猫が1匹のタイミングで拾い上げる
・子猫をもらって、捨てて拾う
・事前に猫のいるエリアを調べておき、赴き捕まえる
大体こんなものです。

子猫を拾うストーリーをやりたいのであれば、練って練って練って作りましょう。それくらいじゃないと通用しないレベルになっています。

使い古されたストーリー

これは流行りのストーリーに乗っかって同じことをするパターンです。
同じストーリー程、退屈なものはありません。

流行っているストーリーに乗っかるのも良いですが、やるなら早くやりましょう。2番煎じ、3番煎じなら良いですが、あっちもこっちも同じストーリーになっている状態から始めてももう遅いです。

簡単な方法なので真似したくなりますが、迂闊に手を出さないようにしましょう。

 

まとめ

ついでに私も猫好きです。
私が騙されるレベルの猫動画チャンネルは星の数ほどあっても1チャンネルのみです。
数日に1回しか投稿されないチャンネルなので、その空きを埋めてくれるようなチャンネルが出来ることを楽しみに待っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました