【評判】GEEK JOB(ギークジョブ)のスピード転職ってどうなの?申し込んでも大丈夫?

国内就職・転職系

数年前からプログラミング教室が流行り、TECH CAMPを始めとしたサービスを皮切りに多くのサービスが誕生しました。しかしながら、現在のプログラミング教室界隈はコモディティー化しているように思え「結局どこのサービスがいいの?」というのが不透明になっていたり、質の悪いサービスも誕生したことで「無料のプログラミング教室とかって大丈夫なの?」などなど様々な疑問が生まれています。

本日は個人的にオススメのプログラミング教室である「GEKK JOBスピード転職」についてお話したいと思います。プログラミング教室選びを検討されていたり、GEEK JOBスピード転職に申し込もうか悩まれている方は一読いただければと思います。私が5人の卒業者からインタビューした結果を基にお話したいと思います。

スポンサーリンク

GEEK JOBスピード転職って何?

GEEK JOBスピード転職は無料でエンジニアとしての学習が可能であり、転職活動も無料で行える全てが無料のサービスです。例えが合っているか分かりませんが、職業訓練をしてハローワークで就職するスキームと似ており、学びから就職までをトータルサポートしています。職業訓練とハローワークを悪いとは言いませんが、そちらを利用するのであればGEEK JOBスピード転職を利用する方がお得なのはほぼ自明と言えます。なぜなら、市場価値が上がり続けているITエンジニアになる選択と薄給激務+市場価値も不透明であるなにかの職につきがちなハローワークであれば前者の方がお得だからです。もちろん、好き嫌いや状況によるところがあるため、必ずしもハローワークはダメだとは思いません。

そしてGEEK JOBスピード転職を調べるにあたって出てくる話が
・プレミアム転職
・プログラミング教養コース
という別のプランです。これについても触れたいと思います。
簡単に申し上げますと料金が異なります。
・スピード転職:無料
・プレミアム転職:298,000円
・プログラミング教養コース:64,800円(学生)、129,000円(社会人)
このように結構な額の差があります。

安かろう悪かろうの世界のように思えますが、必ずしもそうではありません。ポテンシャルのある人材であれば、良い転職先に良い年収で転職してくれる可能性があります。そうなれば、運営会社にとっても嬉しい話です。そのため、「(実績を作ってくれるし、採用企業からの紹介料も貰えるし)無料でサポートしますよ」というスタンスがとれます。うまい話であるため、スピード転職には参加条件があります(2022年8月確認)。
・19歳以上、28歳以下まで
・就職先は一都三県
・半年以内に就職意欲がない

に限られます。これは他のプランよりも条件が厳しく、誰でも受けられるサービスでないとわかります。また、プレミアム転職とプログラミング教養コースはスピード転職よりもサービスが手厚い部分があります。そこに料金が載っていると言えますが、自己学習する気持ちがあれば最終的な修練度にそこまで差はないかなという印象です。そのため、スピード転職を使ったらプレミアム転職やプログラミング教養コースの転職先よりも必ず劣るわけではないです。学習練度+ポテンシャル次第であるため、スピード転職が選べるのであれば、そちらを選んでコスパよく転職したほうがお得な人が多いと思います。

スポンサーリンク

運営会社

GEEK JOBスピード転職を運営する企業は以下の通りです。

商号
代表者
代表取締役 石塚 保行
住所
〒101-0035東京都千代田区神田紺屋町45番地1 神田ファースト1階
Mail
info@groove-gear.jp

恐らく多くの人は聞いたことのない企業かもしれません。しかしながら、株主を知れば知る人も増えるかと思います。グルーヴ・ギア株式会社の株主は株式会社Sun Asteriskです。
・グロース市場に上場(新興企業中心の株式市場)
・約1,800人(グループ全体の従業員)
・ベトナムへの展開力が強い
といった特徴があります。一般的な受託開発はもちろん、人材育成に秀でており海外の一流大学生への教育も行っています。スタンドプレイもする少々暴れん坊な一面はありますが、実績はたしかでありイケてる企業の一つと言えます。そんな「教育が得意」「開発関連であれば何でも出来る」「コンサルの立ち回りもできる」特徴を持つ企業が立ち上げた企業であるため、プログラミング教室から転職サポートまで行う事業は得意領域の派生で生まれたものであり、品質への信頼度も高いです。

スポンサーリンク

転職実績

こういったプログラミング教室の話になると「SES企業に行くことになるんでしょ」という声があります。これに関しては、前提の話を理解しておく必要があります。
・プログラミング教室上がりで事業会社や一流企業にいけるのは自分に都合が良すぎる
➜実力主義で月収50万円も可能!と謳っている営業求人を信じるのと同じようなもの
・何事もステップアップの考えが大事。SES➜自社受託➜事業会社➜コンサル…など順番は自分の自由ですが、SESは求める企業にいくための土台に立つ認識が必要
・「SES=悪」は過剰なブランディングが進んでいる(私もSESは良いとは思っていない)
ということです。そのため、プログラミング教室卒業生がSESに行くのは特段おかしいことではないと思いますし、ステップアップの土台にたったと思えばいいと思います。

という話がありつつも、GEEK JOBスピード転職の実績ですが、こちら に記載がありました。事業会社が16企業記載されています。認識すべきこととしては、
・GEEK JOBスピード転職経由だとこのラインまで狙える
・プログラミング教室経由の転職先で満足せずに、そこで力を積んで次を目指す気持ちが大事
ということです。プログラミング教室経由での転職先というのは限界があります。なぜなら、私のいる事業会社もそうですが「教室あがりはNG」と線引いている企業が一定数あるからです。線引いている企業ほど大手企業ばかりです。そのため、プログラミング教室経由での転職先は第一ステップだということです。その企業での頑張りからが本番です。そこでしっかりと力を積む努力を惜しまなければ、大手事業会社への転職も可能です。実際に私のいる企業には、「SES➜うちの企業」や「受託会社➜うちの企業」みたいなケースが結構多いです。一流企業に一発で転職するのは難しいですが、かといって将来的には非現実的な話ではありません。

スポンサーリンク

サービスの特徴

重複する話もありますが、サービスの特徴を整理します。
・全て無料
・インフラ系の知識が身につく
・最短就職22日
・転職成功率97.8%
・1000名以上の未経験者がエンジニアとして就職
・未経験OKの企業が500社以上
・以下のような指標がある

転職に強い/現役エンジニアおすすめ/初心者サポートが充実したプログラミングスクールNo.1を獲得
参照:GEEK JOB

といったところです。また他のプログラミング教室との違いは「就職を大事にする」ということです。極端な話、プログラミング教室で学ぶことには限界があります。市場で求められるスキルは市場でしか得られません。どこかの企業で働き得たスキルや経験が転職後の年収や現年収に関わってきます。そのため、プログラミング教室で時間とお金をかけすぎないようにしています。ただ、ただの就職斡旋ではなく学習もついています。就職に必要なレベルまで知識レベルを上げて、その上で就職できる企業を紹介してくれます。

他のプログラミング教室も就職までサポートしていますが、手に職をつける方に意識が強く学びに力を入れている印象です。また、仕事と両立して学習するのは簡単ではありません。GEEK JOBスピード転職はそこに時間とお金をかけずに就職ファーストでサービス提供をしている印象です。安定した収入を離さずに就職活動ができるものと言えます。

注意点

ここまでの内容を見ると、うまい話でしかありません。そのため、一定の条件が存在します。再掲になりますが、
・19歳以上、28歳以下まで
・就職先は一都三県
・半年以内に就職意欲がない

方はサービスを受けられません。また、不義理な方には違約金が発生します。

第31条(「スピード転職コース」途中退会時のIT技術学習料金)

第17条に記載の無料サービス「スピード転職コース」は、「求人紹介による転職支援」、「IT技術学習」、「メンターによる転職活動の助言」をセットで提供するものです。当該コースの途中退会については、ユーザーが以下の条件に当てはまる場合において、その退会日までの受講料をIT技術学習料金としてお支払いいただきます。

コース受講開始日から15日目(土日祝日を含む)以降の退会

コース受講終了日から30日(土日祝日を含む)以内に、当社が紹介した企業より採用内定通知が出たにも関わらずご辞退された場合

コース受講終了日から30日(土日祝日を含む)以内に、自己応募または他社サービスを経て面接もしくは転職した場合

IT技術学習料金の金額は、受講料を月額約10万円(別途消費税)とみなし、日額3,300円(別途消費税)にて暦日日数で換算するものとします。なお、コース受講開始日から60日間(土日祝日を含む)以内に教養プログラミングコース、プレミアム転職コースへのコース変更を行った場合は対象外とします。

参照:GEEK JOB利用規約

といったことをすると違約金が発生します。違約金に関しては

IT技術学習料金の金額は、受講料を月額約10万円(別途消費税)とみなし、日額3,300円(別途消費税)にて暦日日数で換算するものとします。なお、コース受講開始日から60日間(土日祝日を含む)以内に教養プログラミングコース、プレミアム転職コースへのコース変更を行った場合は対象外とします。

参照:GEEK JOB利用規約

と記されています。簡単に言えば、
・タダで学べるのは就職までサポートするからだよ
・就職しないのなら、学んだ分は払ってね
ということです。

スポンサーリンク

オススメできる人

GEEK JOBスピード転職をオススメ出来る人は以下のとおりです。
・新卒就活をミスったが、そもそものポテンシャルがある人
・学歴は大したことないが、1つのことを学ぶことに対してはそれなりにやれる人
・なる早でITエンジニア転職したい人
・自走力のある人
・キャリアプランニングができている人
・就職にお金をかけたくない方
・地味だが安定して需要の高いインフラ系に興味がある
にはオススメしたいです。プログラミング教室というよりは、学習機会もある転職エージェントサービスと捉えた方がいいかもしれません。ITエンジニアとして就職したいならどこかの転職エージェントを使うよりもGEEK JOBスピード転職経由の方が将来的に良い転職ができる可能性があると見ています。

また何度も申し上げますが、ここで行う転職が最後ではありません。ITエンジニアとしてのキャリアを形成していくためのファーストステップです。「SESは絶対に嫌だ」等々の目先のことを考えてられるタイプには向かないかもしれません。

スポンサーリンク

オススメできない人

逆にオススメできないタイプは以下のとおりです。
・マークアップ言語等を用いたビジュアル面の職につきたい
・就職はミスったが高学歴であるため、ITエンジニアにならずとも需要の高い職につける人
・目先のことを重視する人
・充分な貯金と充分な時間があり、じっくりとまずは手に職をつけたい人
といった人には特段オススメはいたしません。

一種のはやりのようにITエンジニアが注目されていますが、総合商社マンやコンサルティングファーム等は依然として高収入ですし、各種メーカー企業も強いです。そういった企業にいける人はそういった企業に行くべきだと思っています。また、GEEK JOBスピード転職は名前の通りスピード転職です。そもそもスピード感を求めていなければ不要です。各々の状況をみながら必要であれば利用すればいいと思っています。

スポンサーリンク

まとめ

GEEK JOBスピード転職に限らず、学ぶ人は学びますし、学べない思考をしている人はどんなサービスを使っても実にはなりません。そのため、最後は人によります。であれば、使うサービスは安く提供しているサービスのほうがお得です。また、プログラミング教室の就職先には限度があり、転職前提だと思っています。就職先に限度のあるサービスに必要以上のお金と時間を使うのは勿体ないです。そういったスタンスであるからこそ、私はGEEK JOBスピード転職が良いと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました