【見て損なし】海外で働く際に就いてはいけない職種3選。薄給激務でストレスMAXな仕事をするくらいなら…

海外就職・転職系

海外就職をお考えになったことはありますでしょうか。
世界的にみて経済大国である日本は海外で働くチャンスを持っている国の1つです。
海外にある日系企業に就職することが出来るからです。
語学が堪能な人はその国の企業に就職する人もいますね。

そういったこともあり、
一定数の人は「海外で働きたい(暮らしたい)」という想いから
海外に飛び立つかたがいらっしゃいます。

現地採用という道を選んで海外で暮らすということです。
そんな現地採用ですが、
一言で言えば闇です。

日本に技能実習生がいらっしゃるかと思いますが、
立ち位置で言えば近いものがあります。

国も文化も制度も違うので、
同じように当てはめた話は出来ませんが、
要するにいいように利用されている側です。

現地採用についてはこちらでもまとめていますので、是非…


それでも尚、現地採用で進むと決めた以上、私は応援します。
ただ、1つだけお伝えさせてください。
現地採用には「絶対に辞めた方が良い職種」というのが存在します。

これらの職種についた場合、まず老けて帰ってきます。
要するに良い思いなんてのはないということです。

もし、以下の場合だったら今すぐ取りやめて良いレベルです。
・内定が出ており進む予定
・人材紹介会社に勧められている

これら、海外にある日系の人材紹介会社が紹介してきているかと思いますが、
彼らは同じ日本人を食い物にしか思っていないです。

たとえ内定が出ていても蹴りましょう。
一定数、チンピラのような人材紹介会社が脅したり、引き止めてきますが
気にしないでください。あなたの人生ですからね。
前置きが長くなりましたが、就いてはいけない職種について紹介します。

コールセンター

「Call center」の画像検索結果

主にマレーシアやタイで募集している職種です。
恐らく、現地採用求人の中でトップクラスに薄給の仕事です。
一般的な現地採用の2/3位です。
ついでに一般的な現地採用ですら、駐在員の1/3程度です。

また、採用基準がかなり緩く、
日本語しか出来なくても受かります。
特に女性は受かりやすいです。

求人情報には
・日本人が沢山在籍しており安心
・働く時間が選べる
など書かれていますが、


・日本人とばかりつるんでしまい、語学勉強にならない
・日本人としての最低ラインを守るためにはもっと働かないといけない
というものです。

また、激務であるため、数カ月で辞めるケースが大多数です。それを見込んでか、会社も
「〇〇ヵ月以内で辞める場合はペナルティ」
という制度を設けていることが多いです。

ついでに、現地採用の闇系を晒すブログはコールセンター出身者が多いです。
また、女性が多いのか、駐在員との関係についてのいざこざも起きがちです。

日本語教師

「teacher」の画像検索結果

日本にいる技能実習生って少しは訓練しているんです。
規定で一定の日本語検定の資格を持っている必要があります。
なので、日本語を学ぶ必要があるわけですが、そんな時にこの日本語教師が活躍します。

将来、技能実習生になる生徒に日本語を教える仕事ですが、何が問題かというと
・とにかく薄給(下手したらNo.1レベルで薄給)
・少しグレーな経営者が多い
という点です。

給与は10万以下もザラにあります。
もうボランティア精神がないと出来ない仕事です。
そして、経営者や関わる人がグレーちっくな人が多く、無理な職場環境があったりします。
働く上での難易度が高い割に見合わない仕事No.1だと思っています。

(一部)営業

「sales」の画像検索結果

現地採用で最も多い職種であり、その分問題も点在しています。
主に挙げられるのは
・人材紹介の営業
・メディアの営業
・よく分からない謎の部品の営業
これらはキツイです。

なぜキツイかと言うと
とにかくテレアポ、飛び込みなどで新規営業をするからです。
需要があればいいのですが、そんなこともないので、キツさが増していきます。

そして薄給です。
人材業界でもJACリクルートメントはある程度の給与が支払われていますが、
他はどこもどんぐりの背比べです。

特に現地で起業している人材紹介はさらにひどいと聞きます。
私が駐在員時代の時は人材紹介会社からの電話がとにかく多かったです。

キツイ職種で働いている人の末路

これは決まっています。殆どの人が以下のようになります。
・数カ月、数年で退社して、帰国

5年もったら神レベルです。これらの職種で働いている人の離職率の高さは異常です。

計っていないので正確なことは言えまえんが、
3年以内離職率ほぼ100%です。

そして、かなり精神的にも辛い状態にあるので
「これ以上、ここにいても意味がない」
という結論に至り、帰国します。

就いてはいけない職種に言える共通点

既にお気づきの方も多いかと思いますが、
これら職種に共通していることは「薄給」です。
現地採用はただえさえ薄給なのに、さらに薄給です。

また、精神的にキツイことも挙げられます。
海外の職場にワークエンゲージメントはありません。
あなたのために、誰かが楽しい職場にしてくれることはありません。
なので、仕事でキツイ状態になったら自己解決しなければなりません。

追い打ちをかけるようですが、
こういった職種を持つ企業の体質にも問題があります。

従業員は使い捨てという考えが浸透しているので、
やれるだけやらせて、ポイッ!
までが一連の流れになっています。

そのため、従業員を精神的に追い詰めたり守ろうとする意識はありません。

これに関しては企業体質なので、職種関係なく当てはまります。
企業体質が腐っている企業の職種はどれもキツイです。

失敗しない海外就職をするには

先ほどお伝えしたように、就いてはいけない職種は外しましょう。
ただ、それよりも大事な考えがあります。

給与、福利厚生は何があっても1番気にする

ということです。
要するに、根本的なことを言えば、現地採用で海外就職することは間違っています。
これは色々な意見があるかと思いますが、私個人の意見としては非推奨です。

海外駐在員以外で海外就職(出向)する選択肢はないと思っています。
「俺には海外駐在員は無理だ」と思っていませんか。そんなことはありません。

それは使っている人材紹介会社が悪いだけです。
その人材紹介会社は、海外にある現地法人に営業をしているので、
そもそも海外駐在員枠なんてのは発生しないんです。
その現地法人に海外駐在員を雇う権利がありません。

日本本社に営業をして求人を持っている、日本の人材紹介会社に頼まなければ駐在員の可能性は出てきません。
なので、今の会社に海外拠点がなかったり、海外駐在員枠が難しいようでしたら、
海外駐在員の求人を持つ人材紹介会社を探しましょう。

まとめ

頑張ろうとしている日本人が苦しむ姿はつらたん

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました