【転職】スカウトメールを無視していい理由とは。返信する必要なし!

国内就職・転職系

転職をする際に多くの方が利用するのが転職サイトです。そして、どの転職サイトに登録しても存在するのがスカウトメールです。企業や人材紹介会社から求職者宛にスカウトメールという名のダイレクトメールを送るものです。

求職者からすると「え?私を採用したいの?」と思うかもしれません。
そんな淡い気持ちを砕いて申し訳ないですが、そんなことはありません。個人的な意見ですが、スカウトメール経由の転職をしても、転職後の会社がホワイト企業である確率は極めて低いと考えます。要するに、良い転職になることはなく、後悔する可能性が非常に高いです。

本日はなぜそういった結論に至ったのかについてご説明します。スカウトメールがきたからといって浮かれることなく、なぜきたのかの真意についてご理解を深めていただければと思います。

基本的には一括送信している

スカウトメールが届いた側は「何千人もいる求職者から私宛にスカウトメールがきた」と思うかもしれませんが、そのスカウトメールは何千人に送られています。

特に人材紹介会社からのスカウトメールはその感じが顕著であり、千通送って数件返信があれば御の字という気持ちです。なぜこういった事をするかというと、気持ちを込めた一通を送るよりも一括送信する方が儲かるからです。
人材紹介会社の社長は金儲けに強い執着があることが多く、自社の理念や求職者のキャリアプランよりも儲かるのであれば、その選択を取ります。なので、一括送信の方が儲かるのであれば、一括送信をなんの躊躇もなく送ります。これを皆がやるので、1人に対して何通ものスカウトメールが届くわけです。

一括送信の方が儲かる仕組みは、人材紹介のビジネスがやればやるだけ儲かる仕組みだからです。「求職者を集めて、どこかの企業にいれる」を繰り返せば繰り返すほど儲かります。300万の年収であれば、100万程儲かります。一生懸命、求職者に寄り添っていい転職をさせている間に10人の求職者をどこかに入れ込む方が儲かる仕組みです。なので、人材紹介のビジネスはスピード命です。中身を込めても返信のないスカウトメールをゆっくりと一通送るよりも一気にテンプレートメールを1000通送ったほうが効率的なわけです。
そこから引っかかる数人を上手くどこかの企業に押し込む方が効率的です。

補足ですが、人材業界は離職率が高いです。人材業界に入る人は「転職者のキャリアプランを一緒に作りたい」「いい転職をさせてあげたい」という気持ちで入る人が多いです。しかし、こういった転職者の気持ちを一切考えずに、とにかく儲けるために半ば騙すようなことをさせられるので、それに嫌気を指して辞めてしまいます。

スカウトメールを送る企業経由の転職先はブラック企業の場合が多い

大量のスカウトメールを送るような企業が、一人一人の転職を成功させるために、時間をかけてでも寄り添うスタイルだと思いますでしょうか。スピード命で儲け至上主義であることを考えると、スカウトメール経由の転職者にもどこか入りやすそうな企業を紹介して、なるべく早く転職を済ませようとするのが自然ではないでしょうか。

これは、私がベトナムで海外駐在員をしていた時に人材紹介のかたから聞いた話ですが、そのかたは従業員で30〜40名程度の会社であり、社長との距離も近くよく話を聞かされていたようですが、
・変な会社でもそこしか入れないのであれば、そこに入れればいい
・人材業はパズル。人と企業を漏れないように当て込むだけ
・考える必要はない。とにかくやればいい
・考える時間を与えるな。バカが考えると止まる理由ばかり考えるから
といった感じだったようで、その会社もスピード命の会社であり、転職者を上手く言いくるめてどこかに入れることを大事にしていたようです。

このように、スカウトメールを一括送信するような荒い仕事をするようなところは、全体的に仕事が荒い事が多く、良い企業に転職させることよりも早く選考が済んで採用難易度も低めの企業にガンガン送っていると考えるのが自然です。そんな誰でも入れるような企業がホワイト企業でしょうか。ブラック企業である可能性が高いでしょう。採用企業も同じように労働集約型のビジネスで、SESや施工管理などで派遣に出しまくる企業や人が辞めまくるから補充しているような企業である可能性が高いと考えるのは自然です。

スカウトメール経由の選考が有利になることはない

仮に人材紹介会社のスカウトメールに返信をして優良企業を紹介してくれたとします。
そこで、選考を受けてみることにしても、何か特別なルートによって選考をスキップしてもらえたり、面接時に優遇されることは全くありません。

スカウトメールがどんな文面かは分かりませんが、
・特別オファー
・○○社との実績あり
など聞こえのいい言葉が並んでいたとしても、選考が始まればいたって普通です。○○社との実績があるからといって、受ければ受かるわけではなく、普通の選考が始まります。
聞こえの良い言葉を並べたスカウトメールがくるのは、その方が返信率が高いからだけです。餌を見栄えよくしただけです。

良い企業を探すのであれば、自発的に探すほかない

今までの話でスカウトメール経由で選考しても、高確率でブラック企業行きになることについてお話しました。逆にホワイト企業と言われる良い企業に行くにはどうしたら良いのか。それは自発的に探す他ありません。昔よりも転職するためのツールは増えました。スカウトメールもその一つですが、そういった待ちスタンスの方法よりも能動的に探す方法で考えましょう。

転職の軸というのは人それぞれなので、ここでは割愛しますが、それが決まったら
・企業をざっと洗い出す
・自社サイトで応募していないかを確認し、応募していたらそこから応募する
※採用側も積極的な求職者だと思うので、良い目で見てもらえます。
・転職サイトをいくつか使い、条件の保存と新着メールの設定をしておき、掲載されないかを待つ
・Linkdinを使い、コンタクトをとる
といったように、いい転職をするための方法はいくつもあります。やってみた結果、難しかった場合は人材紹介会社に頼んでも良いかもしれません。全ての人材紹介会社がブラック企業を紹介することはありません。中には本当にしっかりした人材紹介会社はいくつもあります。そういった人材紹介会社を自発的に探しましょう。
・人材紹介会社の企業名で調べてGoogleのレビューを見る
・人材紹介会社が求人を掲載しているサイトからレビューを見る
・友達経由でオススメの人材紹介会社を聞いてみる
など、探せば評判は分かるものです。そういった情報を参考にして、実際に話を聞いてみて自分の目と耳で確かめていきましょう。

まとめ

スカウトメールは無視しても問題ないし、むしろ無視したほうが良い

コメント

タイトルとURLをコピーしました