大手企業の実態。働いている人しか分からない中のことや大手企業への転職についてまとめています

大手企業。私は元々中堅企業務めです。一応、東証一部でしたが労働法なんてあってないようなものでした。ブラック部署も経験しましたし、ブラック上司も経験しました。海外駐在員でベンチャー感満載のグループ会社にも行きました。

逆にいい上司にも巡りあいましたし、良い環境だったと当時は思える場所にもいました。

そして、大手企業に転職したからこそ分かります。絶対に大手企業に行くべきだと。

そんな大手企業を強く推薦する私が大手企業の実態や転職の仕方など大手企業に関する情報をまとめています。

国内就職・転職系

【現在も将来も需要No.1】ITエンジニアが安全で効率よく転職する方法とは

ITエンジニアの需要は各職種の中で最も高いです。かつては営業職、製造スタッフなどの人海戦術系の職種が需要の筆頭格でしたが、インターネットの発展により「人の数で売上を作る」という考えは古くなり、ITエンジニアを抱えて1人で10人、100人分の...
国内就職・転職系

【あぶない】低迷する事業会社が起こす6つのサイン。あなたの会社は大丈夫?

「昔は凄かったあの会社が今では落ちぶれている...」こんなことを言われる会社が多くなってきました。売上利益が減少している要因は「海外の優秀なサービス、製品が台頭した」「日本人口が減少した」「消費者の価値観が変わった」など様々な理由があります...
国内就職・転職系

【大量採用?】LINE株式会社ってどうなん?ネームバリューに惹かれて入るべきなのか

言わずも知れたLINEを運営するのはLINE株式会社です。若年層に限ればほぼ全員が入れているアプリであり、スマホが誕生してからはキャリアメールに変わって市民権を得ているサービスと言えます。そんなLINEですが、VOOMを始めてサービスの横展...
スポンサーリンク
国内就職・転職系

流行りのハイキャリアとは。ハイキャリア人材なら転職成功が期待できる

転職のリミットは35歳と言われたのは過去の話であり、今では35歳以上でも転職する人が増えてきました。これはジョブ型が少しずつ浸透してきた影響であり、何かしら秀でた人であれば、求められる背景感があります。 一方で「35歳超えたらキツい」...
国内就職・転職系

内定先がブラック企業かを知る方法一覧。その内定先…大丈夫?

新卒就活は大変です。これ程、2:6:2が分かりやすいものはなく「内定を沢山ゲットする人、1,2個の内定をゲットする人、いつまで経っても内定がない人」で分かれます。だからこそ、やっと得た内定で自分を納得させて就活を終えてしまう人が非常に多いで...
国内就職・転職系

スキルを追い求めても高年収になるわけではない。スキルと年収を比例させるには

昨今の若者や全体的な流行りは価値のあるスキルを持つことです。プログラミングのスキルもその1つであり、市場価値の高いスキルを身につけることで高年収、長い目で見た時に安泰できる年収を手に入れることができるというものです。 しかしながら、市...
国内就職・転職系

【社内政治上手】宮迫さんが身を持って証明した転職してはいけないタイプ

昨今、転職が一般化し始めたことで選択肢の1つに転職が上がるようになってきました。「辛いことがあっても我慢して居続ける」くらいであれば「転職すれば?」というのがわりと普通になってきているように思えます。私も転職組であるため、転職に対してそこま...
国内就職・転職系

【評判】リクルートダイレクトスカウトってどうなの?オススメできない点も含めて解説します

リクルートが展開するリクルートダイレクトスカウト。メインサービスはリクルートの社員+人材紹介会社からスカウトが届くものです。一般的なスカウトとは異なり、ハイクラスに特化しており、年収を重視した転職を考える人に向けたサービスと言えます。 ...
国内就職・転職系

【就活】エントリーすべき企業の特徴5選。四季報だけでは分からない企業の見抜き方

就活が始まると様々な企業にエントリーをすると思います。自分なりに良い企業を決めて進むかと思いますが、必ずしもその企業があなたにとってのホワイト企業とは限りません。せっかく内定までもらったのに、よくよく調べてみたら、ブラック企業なんてことは普...
国内就職・転職系

大手企業に受かる就活生の特徴とは。勝敗は、戦いの前に決しています

多くの就活生は「ワンチャン自分も大手企業に行けるんじゃないか」と思って大手企業を受けてみたりします。しかし、現実は甘くはありません。殆どの人は大手に受かることはなく、ワンランク、ツーランク下の企業に滑り込むような形で内定がでます。 一...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました