テックキャンプで受講しなくても未経験ITエンジニアになれます。実務経験こそが何よりの価値

IT系の話

昨今、テックキャンプが流行っています。
Youtuberでもあるマコなり社長が事業展開しているITエンジニア育成プログラムです。
マーケティングの仕方も相まって、かなりの人気を誇っています。

個人的にもITエンジニアは良い職種だと言えます。
「将来性」「給与」「働き方」…
全てのITエンジニアが恵まれているとは言いませんが、類い稀ない努力があれば、ある程度の幸せを掴むことができます。

そんなITエンジニアは「未経験はNG」「●●言語が扱えること」など経験者であることが条件だと思われています。
そう…思われているんです。
未経験だと就職できないから皆が皆、テックキャンプを始めとした学校で学ぶわけです。

本当にそうでしょうか。
自分で確かめてみましたでしょうか。
私は調べました。学校で学ばなくとも未経験ITエンジニアで働けることを。
そして、それが1番コスパが良いと。

本日は
・高い受講料は払えないけど、ITエンジニアになりたい
・未経験歓迎のITエンジニアの企業があれば、むしろそこが良い
など学校を介さずともITエンジニアになる方法を伝授いたします。

転職サイトで探せばすぐに見つかる

本当におすすめの転職サイト36選|プロが徹底分析 | CareeReco(旧派遣reco)

転職サイトで「未経験ITエンジニアOK」の企業を探すとすぐに見つかります。
オススメする転職サイトを基に実際に見てみましょう。

【リクナビネクスト】

求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!
求人・転職情報の一覧ページです。リクルートキャリアが運営する求人サイトで、あなたに合った求人を見つけよう!【リクナビNEXT】は、求人情報はもちろん、スカウト機能や転職のノウハウなどお役立ちコンテンツで、あなたの転職活動をサポートする転職サイトです。

 

【マイナビ転職】

ITエンジニア/「未経験」および「ITエンジニア」を含む転職・求人情報 | マイナビ転職エンジニア求人サーチ
ITエンジニア/「未経験」および「ITエンジニア」を含むエンジニア転職・求人情報を紹介。エンジニア求人を132件掲載する日本最大級のエンジニア転職・求人情報サイト【マイナビ転職エンジニア求人サーチ】。社内SEやプログラマなどのITエンジニアの求人に加え、エンジニアの転職支援サービスも満載。

 

【Green】

求人検索 | IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン)

 

各サイト100件以上の求人があります。
GreenはIT専門の求人サイトなので、検索性や情報量もよりITに特化しています。

こんな求人はヤメとけ/逆に狙い目はこれ!

100件以上の求人があるので、選ばなければ高確率で就職できます。
ただ、そうは言っても人間のサガ…
その中でも良い求人を選びたいですよね。

その見つけ方。教えます。
・リモートはヤメたほうがいい
・若者イケイケ系の写真のあり求人は怪しい
・自社勤務できれば理想だが、SESでも妥協する
・インフラエンジニアは狙い目
・Web系のスキルが身につくITエンジニアもオススメ
・残業時間は多いくらいが丁度いい
私の経験上、これらがオススメの見方です。

簡単に説明を加えると
未経験がリモートしても何もできず終わります。最初は人に教わるしかありません。
人に教わるにしても、若手がキャピキャピしているような会社はマネジメント0なので期待ができません。
それらを除いたら、とにかく働ける会社を見つけましょう。後発組は3倍以上の努力が必要です。残業時間なんて気にしてはいけません。
後は需要を見抜いた上での意見です。インフラ系やWeb系はオススメです。

転職サイトを色々いじって探してみてください。

人材紹介会社(転職エージェント)でも見つかる

誰でもできる転職エージェントの使い方|賢く使いこなす3つのポイント | JobQ[ジョブキュー]

転職サイトで探す方法とは別に転職エージェント経由で転職する方法もあります。
彼らは、求職者の要望を聞きながら、希望の転職を叶えるように善処します。

転職エージェントは非公開求人といって、基本的には一般公開していません。
なので、基本的には「未経験OKのITエンジニア求人を持つ転職エージェント」を探すことになります。

探し方は簡単です。
「絶対に大手転職エージェントを利用する」
これだけです。
中小は専門特化や前職のコネが基本です。なので未経験のITエンジニアになれるような求人を持っていないことが多いです。

そういった意味でオススメできるのはこちら
・マイナビエージェント
・リクルートエージェント
この2つで良いでしょう。

マイナビは「とにかく若手に強い」
リクルートは「求人数が1番」
こういった特徴があります。この2社に頼めば、不足はないと言えます。

人材紹介会社との面談で気をつけること

ぶっちゃけ、転職エージェントは悪い人もいます…w
悪い人もというより、悪どいです。
自分たちが就職させたい企業に誘導してくる感じです。

そういったエージェントに騙されないように注意しましょう。
注意するポイントとしては
・希望条件と気持ちを強く伝える
・受託系エンジニアになりたいと伝える(SESはできれば避けたい)
・社内の雰囲気を聞いておき、自分にマッチするか確認する
・どうなりたいのかを伝える
これらでしょう。

いきなり、自社開発のITエンジニアは難しいです。しかし、受託系なら全然チャンスがあります。
狙えそうであれば、受託系のエンジニアを狙っていきましょう。

「未経験歓迎のITエンジニア職なんて絶対にブラックでしょ」に対する答え

How to cope with an infodemic

はい。恐らくブラックです。
何をもってブラックというか次第ですが、労働時間や給与はブラックでしょう。
しかし、将来性を考えれば一時的なブラックにしか過ぎないでしょう。

むしろ、後発組のITエンジニアにヌクヌクした環境を用意しているなんて
うまい話はありますでしょうか。ないですよね。
最初はほぼブラックです。それを受け入れるだけの話です。

そして、もう1つ考えて欲しいことがあります。
学校で受講した後になるITエンジニアも即転職でなるITエンジニアも大した差はありません。
・大手企業の自社サービスを持つPMやITエンジニア
・大手企業の自社IT企業のSIerやITエンジニア(ユーザー系)
・大手インフラ系のITエンジニア
・政府や大手からの一次受け受託会社のSIer
この辺りまでいかないと、「皆が羨むITエンジニア」にはなりません。
そして、これら企業にはほぼ100%、実務経験が豊富な経験者を取ります。
企業によっては、中途だと厳しい企業もあります。

そういった背景を考えると
出だしの企業なんてのは、ステップアップにしか過ぎません。
どうあがいてもブラックに行くなら、学校で学ばずに実務経験を積みながらコスパよく学ぶ方が良くないですか。
学校で学べば「自社サービス企業安定」なら話は変わりますが、そうじゃないですもんね…

就職した後に成功を掴むための立ち回り(実例あり)

Google Maps Route Optimization: Does It Work for Businesses?

①自社受託系orSESで鬼のように働く
②自社サービス企業など、理想とする転職先を探す
これに限ります。

実際に私の会社にも①②を踏んだ転職者が何人もいます。
転職前は皆ブラックでしたが、かなり頑張ってきたようです。
そこでスキルをしっかりと手に入れて、自社サービスを提供する企業のITエンジニアをしています。

②でオススメするのは、先述していますが、
・大手企業の自社サービス企業(Webだとリクルート系列や楽天、カカクコムなど)
・大手企業の自社IT企業(五大商社の子会社のIT企業、金融系の子会社のIT企業)
・大手インフラ系のITエンジニア(IIJなど)
・政府や大手からの一次受け受託会社のSIer(NTTデータやNECなど)
これらです。

最終ゴールは●●を目指せ!

ゴール地点から逆算した時に、転職社でもウェルカムな企業でないと転職できません。
そういう意味だと、SCSK等のユーザー企業は新卒文化が強いので中途ではいるのは難易度が高めです。
NTTデータなどの大手受託企業も難易度はMAXです。中途半端に学んだくらいじゃ転職出来ません。後発組から転職するのはかなりの難易度です。
※データサイエンティストなどであれば可能性はあります。

そういった視点で見てみると…
・自社のWebサービスを提供している企業
・インフラ系企業
がオススメです。

中途でも結構可能性はありますし、ブラック上がりの人にとっては充分にホワイトです。
特にインフラ企業は安定感も抜群なので、安心もできます。

まとめ

未経験ITエンジニアを募集している間がチャンスです。
いずれなくなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました