大手企業に行くなら転職サイト?転職エージェント?

国内就職・転職系

コロナ禍により大手企業へ転職したい人が増加中の昨今。当たり前と言えば、当たり前の結論です。
先行き不透明な時代になればなるほど、大手企業が人気になります。
安定した経営、安定した給与、安定した職場環境…
何をとっても大手企業が勝るのは自然な流れです。

大手企業も終身雇用崩壊

こんなことが言われるのも事実ですが、環境に甘えた人の結末です。
そんなこと言ったら、ベンチャーや中小企業なんてのはいつ風吹くか分かりませんしね。

 

こんな時代だからこそ大手企業を志望するのは正解であり、安全な択と言えます。
そんな大手企業を志望するかたに向けて、今日はこの話をしたいと思います。

大手企業に転職するなら「転職サイト?転職エージェント?」どっちが良いの?

これについて結論を出したいと思います。

 

買い手市場な今こそ、大手企業に入るのであれば相応のテクニックが必要です。
転職サービスを上手く使って華麗なる転職を決めましょう。

 

転職サイトとは

マイナビ転職

マイナビ転職、リクナビNEXT、Dodaといったサイト
※私はマイナビ転職で大手企業への転職を決めたので、基本的にはマイナビ転職推しです。

これらのサイトをご覧になったことはありますでしょうか。

ユーザーは転職したい
企業は採用したい

これを結び付けたマッチングサイトです。

転職サイトには企業からの求人が掲載されています。
※一部転職エージェントが上げている求人や派遣会社の派遣求人もある

 

なので求職者はマイナビ転職のような転職サイトを見ることで転職先を見つけることが出来ます。
そして利用は無料です。マイナビ転職を運営するマイナビやリクナビNEXTを運営するリクナビは企業から掲載料という形でお金をもらっているので、ユーザーからお金をもらう必要がありません。
※ビズリーチはユーザー課金型プランもある

全国津々浦々の企業をWeb上で探すことが出来るのは便利という他ありません。

 

転職エージェントとは

登録前に確認!マイナビエージェントの悪い評判と利用前の全注意点 | Career-Picks

マイナビエージェント、リクルートエージェント、他無数の転職エージェント会社

「またマイナビ?またリクルート?」と思われたかた。
先ほどの転職サイトとは全くの別サービスです。

これらサイトに応募することで専門の転職コンサルタントが付きます。
彼らが自分の転職をサポートするサービスです。

履歴書、職務経歴書、面談などからあなたのパーソナル情報を得ます。
そして、合った企業を紹介してくれます。
自分で探すか、探してもらうかの差です。

 

この転職エージェントというのはいくつかの特徴があります。
・転職サイトにない求人が多数ある
・転職エージェントの腕次第で明暗が分かれる
・転職エージェントは星の数いる
主にはこれでしょう。

これらについて説明をしていきます。

 

転職サイトにない求人が多数ある

まだやってないの?BITMEXの登録方法と使い方!リスク管理まで!中級者~上級者編 | 43CREATE

なぜ?転職サイトにと同じ数なんじゃないの?
そう思われたのではないでしょうか。これは違います。

 

企業から見た時に
転職サイトへの掲載:掲載時に有料(主に)
転職エージェントへの依頼:成果報酬
となっています。

企業から見た時には転職サイトに掲載してすぐ見つかればいいですが、
ダラダラと掲載し続けて、結局採用できないリスクがあります。
ただ、転職エージェントは内定して入社したタイミングで転職エージェントへの支払いが発生します。

転職エージェントのほうが割高ですが、採用時にのみお金が発生するのでお金を下手に無駄にせずに済みます。

なので有料で出ている転職サイトの求人情報に比べて掲載時(エージェントに頼む)は無料である転職エージェントのほうが求人数が多いのは自明です。
例えば、マイナビ転職だと1.3万件の求人がありますが、マイナビエージェントだと10万件以上です。
圧倒的な差ですね…

追い風要因として、昨今は転職するにしてもスキルや経験が必要になるので、条件が厳しいことが多いです。
転職サイトに掲載しても人が来ないリスクは高まっています。
逆に転職エージェントはそういった難しい条件に対応すべく、成り立っているので採用確率も高めです。

これだけ聞くと転職エージェント一択でしょ。と思いますがそうではありません。

 

転職エージェントの腕次第で明暗が分かれる

残業は無能の証」「役員の一言で皆が右往左往する謎」…若者が感じる会社への違和感 (2019年11月24日) - エキサイトニュース

転職エージェントは質が極端です。

素晴らしい紹介をする転職コンサルタントもいれば、企業にとにかく押し込もうとする悪質な転職エージェントもいます。

求職者を良い感じに言いくるめて応募意思を取り、企業には猛プッシュします。
採用側の目が肥えていれば問題ありませんが、誤った判断をしてしまうこともしばしば。

こういった転職エージェントが存在するのもブラック企業の存在が後押ししています。

ブラック企業はとにかく人が欲しいです。常に人不足です。なので能力に問題があっても目を瞑ります。そんな企業に求職者を後押しします。

企業Win 転職エージェントWin 求職者Lose

の出来上がりです。
こういったやり方に味をしめて、押し込むことに特化している転職エージェントは数多くいます。

 

転職エージェントは星の数いる

The sky this week for May 18 to May 27 | Astronomy.com

エージェント数が少なく悪質な転職エージェントがわかればいいのですが、転職エージェントは星の数います。なので、探し始めたらキリがありません。

 

なぜなら
1人でビジネスができる、ランニングコストが低い形態
専門スキルがいらない誰にでもできる仕事
ビジネスがしたいという気持ちだけ先走っている人と人材紹介の仕事内容はマッチ率がいい

という側面を持つからです。

製造業のように物があるわけでもありません。ITのように運営費がかかるわけでもありません。
この人材紹介ビジネスというのは、ほぼ人件費のみです。

1人でやるなら少し大きい家を借りればできます。
複数人でやったとしても賃料しか上乗せされません。

 

また、この仕事は講習をチョロっと受ければ開始出来ます。仕事内容は専門性がなくとも出来てしまうので素人さんが多いです。何より、ここまでの話をまとめると
手軽に簡単に始めれれるビジネス…まるで情報商材を好き好む人と同じ属性です(ビジネス自体は情報商材と違ってまともなので一緒にしないように)。

・成り上がりたい
・金持ちになりたい
こういった気持ちを持つ人と相性が抜群です。ビジネスの基本は「○○を実現したい」です。そこに人とお金が集まり結果的にうまくいきます。しかし、人材紹介は「お金が欲しい」です。そんな人がトップで働く会社ってどうでしょう。従業員のことなんてどうでもいいので、酷使しまくります。基本的には飲食店の雰囲気と一緒です。怒鳴ったり叩けば動く従業員なので指導に能力も不要です。
本当にやりやすいビジネス形態になっています。

私は数々の人材紹介務めの人にお会いしましたが、どこもまともじゃありません。従業員は人の心を持っていますが、社長のクズ率は異常です。私の話は海外でのことなので日本でも同様かは分かりませんが、海外の人材紹介で社長をしている人でまともな人はJACリクルートメントさんとRGFさんくらいでした。

 

大手企業に行くなら転職サイト?転職エージェント?

大手転職サイト、もしくは大手転職エージェントです。
サービスで決めるのではなく、運営会社の規模で決める。

中小転職サイトや転職エージェントは問答無用でNG

これが答えです。

大手企業の気持ちになってみてください。
・他企業よりも確実に人気がある
・お金には言うほど困っていない
・てか俺(大手企業の採用担当)のほうが頭良いし、自分で見た方が確実
・採用方法のナレッジを溜めて後世につながなくては…
こんな感じです。

・転職サイトに求人を上げれば確実に人が来ます。
・転職サイトに掲載するお金がないことなんてありません。
・良い人材を見極めるなら自分で見るべき。
・転職サイトで確実に人が採用できる仕組みを手に入れるためにも自分で採用活動をして情報を蓄積しなければ。
という答えになります。

なので大手企業は転職サイトを使います。事実、転職サイトを見ればすぐ分かります。大手企業の求人も多く存在します。

 

ただ、転職エージェントを使わないわけではありません。
転職サイトに掲載すれば確実に人が来る求人ばかりとは限りません。
モノによっては難しいポジションもあります。急いでいるときもあります。

企業界隈で「あの転職エージェントは良いらしいよ」って言葉も聞いたことがあります。そんな時、大手企業は転職エージェントも使います。

そして、大手企業は大手企業とビジネスをしたがります。名前もよくわからない企業と契約を結ぶことはしません。てか新しい契約を結ぶのってめんどくさいです。
そんな時、転職サイトで契約している大手の人材企業に頼めば全て解決します。

 

なので大手企業の求人は大手人材会社の転職エージェントに眠っています。
マイナビエージェントやリクナビエージェントですね。

マイナビとリクルートの転職サイトと転職エージェントそれぞれに登録しておけば、網羅的に大手企業を探すことことができます。

 

サービスを絞りたい人は?

転職サイトと転職エージェント。2つも登録するのはメンドクサイ。
複数社に登録しろって言う意見を汲むと3,4社も登録しないといけない。
俺は1社で済ませたいんだ。

そんなあなたには以下の法則を勧めます。
・若手で高学歴、スキル無 → 転職サイト
・中堅で中学歴以下だけどスキル有 → 転職エージェント

先ほど、大手企業の気持ちをお話ししました。

転職エージェントを使うときは難しい要件の時です。
もし、あなたがスキルを持っている有能人材であれば転職エージェントを勧めます。
転職エージェントとしても有能人材はウェルカムです。少しでも良い企業に推そう。そして企業からの信頼も獲得しちゃおう。

と考えます。親身に要望にのってくれます。手持ちの大手企業に上手く推薦してくれるでしょう。


逆に若手でまだスキルが殆どない。ただ、学歴は結構いい。
そんな方は転職サイトをお勧めします。
転職サイトにあるような大手企業の求人は難しい要件もありますが、少しスキルの毛が生えたポテンシャル人材を探している時があります。
「就活はポチャったけど、社会人としては有能でした。」
そんな第二新卒を探していることがあります。

スキル0だと流石に厳しいですが、数年も仕事すれば何かしらの実績があるはずです。それを武器に大手企業への転職が可能です。

逆に転職エージェントはあまりお勧めできません。
良いエージェントがいるのも確かな事実ですが、全員ではありません。社会人経験の差で転職エージェントの口車に乗せられるでしょう。

 

ただ、現実は厳しい

Why Is Life So Hard?
ここまではオススメの転職方法をお伝えしました。

しかし、これは比較的出来る人向けです。有能なかたならそう言った方法で大手企業への転職も可能でしょう。そしてひと昔前であれば有能に近い人でも大手企業への転職も可能でした。

 

しかし、現在は違います。コロナにより全体が買い手市場に変わったことで、ただえさえ買い手側だった大手企業がさらに買い手になりました。
要するに大手企業への転職は難しくなりつつあります。

 

スキルも経験も学歴もない20代後半以降は用なしです。むしろ20代後半であればスキルへの比重が大きいです。

実際に大手企業の求人を見ても分かります。スキルがないと難しい求人が多いです。今はそういう時代です。そういった時代に適応するためにもスキルを身につけるしかありません。

スキルの身につけ方は色々ありますが、私はこれだと思います。
・今いる企業で成果を出すためにガムシャラになる
独学する時間だったり、お金を払ってスキルを得る方法もありますが

…どうせやりませんよね?

それよりは今いる企業で成果を出すための働き方をする方が現実的です。
結果的にスキルも身に付きます。役職もつきます。そうなると転職もしやすくなります。

つまらない答えですが、今の転職事情で大手企業を狙うのであれば今の会社でしっかりと足場を固めることが得策です。

 

まとめ

転職ビジネスやり始めた人って天才だね。江戸時代からあるらしいよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました