【無駄を省け】海外生活で日本から持っていくもの、便利グッズ、必需品

海外就職・転職系

どうも!マイゴーです。

過去4年間、駐在員をしていました。その時に年数回は日本に帰っては海外に戻っての繰り返し生活をしていました。

その時の海外生活の経験で
「海外生活しててもこれはいらなかったなぁ」
「海外生活でこれはあってよかったなぁ」
をかなり精査しました。

色々なサイトをみると「あれを持ってけ」「これは良い」みたいなことが書かれていますが、すみません。クソほど役に立たないと思いました。

あれば良いものを挙げたらスーツケース10個分くらいまで出せますよ。しかし、限られた予算で持っていかなければなりません。その辺りの精査がされていないと思いました。本当に必要な物、持っていった方が良い物というのを紹介しようと思います。

健康維持

基本ですね。海外生活をナメていると一瞬で健康を崩したりチリツモで病気になります。本当に健康は大事にしてほしいと思っています。と言うのも海外駐在をした人の中にはすぐに帰国する人がいます。それは体調を崩して復帰できない人たちです。これは勿体ない話です。

まずはそういった健康維持の目線から海外生活で必要となるグッズ、持っていくものをご紹介します。

青汁  優先度★★★★★

青汁は単身者の健康維持にもってこい!

全ての国ではないと思いますが海外生活をしていると「青汁ないなぁ」ってなりません?
「青汁は別によくない?」って思う方も多いと思います。これは要ります。

海外生活ではよく体調を崩します。食べ物も違いますし、みえないストレス等で多くの方は何かしらの疲労を日本生活の時以上に抱えています。

日系スーパー等で食生活を整える事ができますのである程度は担保出来ますが青汁はありません。
そして単身の方はそこまで健康的な食事を取っていませんよね?私はそうだったのでいつも青汁で健康維持をしていました。

私の友人も一時帰国をして戻る際は日本から青汁を持っていく人が多かったです。

1日1つを心かげていたのでかなりの量が必要でした。1年帰らないことも想定しながら生活していたので。
その場合、大量購入をするのですが「どれ買っても大して変わらないでしょ」「一種類は流石に飽きるな」「沢山入ってるやつがいい」と思い、試行錯誤の結果以下2つにしていました。

私は以下の青汁をオススメしますが、正直どれでも良いとは思っています。ただ、1箱で沢山入っている方が良いです。

・1度に大量購入しよう
・青汁に味等の差は殆どないので好みで選ぼう

歯ブラシ  優先度★★★★☆

歯を大事にしよう

「海外にも歯ブラシあるじゃん」

と言う意見。正しいです。歯ブラシはどこにでもあります。ただ、日本産の歯ブラシと海外産の歯ブラシは違います。無頓着な自分でも日本産の歯ブラシが良いと思いました。

海外生活で虫歯になったり歯の病気になるとかなり面倒です。海外だと歯は保険が効かなかったり不安だったりするので日本で治療する方が非常に多いです。それも面倒くさい話です。そうならないように日常から歯の健康を心がけましょう

私は歯がそんなに良い方ではないので月1,2回で歯ブラシを捨てていました。その経験から一気に20本購入して日本から持っていきました。

オススメ品としては以下の物です。海外生活には慣れていても歯ブラシはミーハーなのでアマゾンでベストセラーになっている物を日本から持っていきました。

・1度に大量購入しよう
・日本産の歯ブラシが良い

ビジネス

海外生活をするといっても多くの方は仕事だと思います。勿論、留学生もいますが割合的には仕事で行く方が多いですよね。

ビジネス目的の海外生活においても日本から持っていくと良い物だったり便利グッズがあります。

私が日本から持っていってよかった物と便利だった物を紹介しようと思います。

ワックス  優先度★★★★★

そのワックス…多分現地にないので買っておきましょう

海外生活でかなり重宝した1つです。国によりますが日本のワックスってかなり少ないです。自分が住んでいた国ではギャッツビーくらいでした。申し訳ないですが使わないです。

日本から持っていかなければワックスがない状態だったので毎回大量購入して持っていきました。
※私の髪質はワカメ系の軟質だったのでそこらへんのワックスだと髪型が作れなかったのも理由です。

これは日本在住者であってもオススメできるのですが中学生の頃からトライアンドエラーを繰り返して辿り着いたワックスです。髪が柔らかい人は1回でいいので使ってみて下さい。おすすめです

※画像の色が若干違いますが同じ商品です。

・1度に大量購入しよう
・GATSBYならあるかも
・髪が柔らかい人はDEUXERオススメです!

スーツ下  優先度★★★★☆

スーツは下だけ用意しよう

あえてのスーツ下です。上は必要ありませんでしたが下はいりました。

国と会社によりますが仕事時の正装としてスーツの上を義務付ける会社は少なかったです。その国の正装だったりシャツ程度を会社での普段着とし、スーツ上をきている人はあまり見かけませんでした。

しかしスーツ下は皆着ていました。スーツ下は汚れやすく痛みやすいです。一着だと物足りないです。聞いた話程度ですが3,4着は持っているようでした。
※私はITだったので念の為2着持っていただけでした。

「スーツだって海外で買えるじゃん」という意見。正しいです。スーツも売っています。ただ、スーツのように「ちょっと雑な作りでもいっか」「丈ミスってる」で許されないのがスーツの面倒くささ。しっかりしたもので長く使う場合は日本から持っていく方が良いです

私の自論ですがスーツは高い物よりもサイズに合うことが最重要だと思っています。そこに値段は関係ないです。その目線で私が利用していたのはこれです。1着7,000円でサイズにあったキレイなスーツが買えていたのでかなり便利でした。

毎回友人にも勧めていて「良かったわ」と言ってもらえていた物です。

・スーツ上は不要な会社が多い
・スーツはサイズが合ってれば安物でいい(自論)

PC  優先度★★★☆☆

もし必要ならPCは日本で買うべき!

海外生活では恋人がPCくらい必要な相手だったので日本から持っていきました。基本機はMACと新品購入のPCを持っていきました。

PCも海外で買えます。ただ、海外だと偽物と粗悪品が横行しています。中国人が日本で電化製品を爆買する理由です。また、今回オススメするPCは多くの国で販売していない商品です。

今の流行りをご存知ですか。私はIT企業にいたので少なくともPCに関しては詳しい方だと思っています。そんな自分が辿り着いたPCはchromebookです。

・Googleが監修のPC
※Googleサービスとの互換性に特化
・Web検索に特化(Chromeのみ利用可能)
・動作がかなり早く、半永久的に重くならない(仕組み上)
・かなり安い(2万~5万)
・パワポとエクセル以上の機能(Googleスライド、スプレッドシート)があるので資料も困らない

というメリットを持っています。ただ、PC初心者にはオススメしません。WindowPCやマックPCとはまた違ったPCなので慣れない可能性が高いです。

しかし、帯同で奥さんが来る場合はオススメしてあげて下さい。恐らくブログを書くのでそういう時には便利です。軽くて長持ちで簡単な操作程度には分かりやすい設定になっています。

紹介しているのは自分が調べに調べて買ったものです。このブログの執筆もリンクから買えるPCでやっています。便利で安いPC過ぎて…

ChtomeBookという便利なPCがありまして…

バッグ  優先度★★☆☆☆

もし必要なら防水バッグがオススメ

バッグも?と思われた方。バッグもです。海外生活で重要となるバッグの能力は「防水」です。そしてリュック型だと思っています。

国によりますが雨が多く、盗難リスク等も考えると肩掛けはありえませんでした。そういった背景で選びぬいた商品はこちらです。1年は保ちました。

バッグに関しては他の商品と比べて海外生活の中でも買える部類ではあります。なので優先度としては特段高くはないです。

肩掛けバッグはやめましょう

日常生活

続いてはこちら。日常生活編です。これは留学生にも役に立つ日本から持っていくと良い物がありますので参考にしてもらえればと思います。

変換プラグ 優先度★★★★★

無駄な出費をしないために事前に買いましょう

王道of王道ですね。これがないと充電も何も出来ません。必須中の必須です。勿論、着いた先の空港でも売っていますが高いです。日本から買って持っていくほうがかなりお得です。

国によって対応プラグが違うので確かめてもらえればと思います。

国の対応プラグを調べておきましょう

Chrome cast  優先度★★★★☆

生活充実度を上げるならNo.1アイテム

私の海外生活ではその国の番組を見ることは1度もありませんでした。基本的にYoutubeを見てましたね。スマホで見るのも良いですが出来れば快適に見たいものです。そんな時にchrome castです。
海外生活の生活充実度が上がったため日本から持っていくとおすすめです。

使い方を簡単に説明するとchrome castをモニター側のHDMIの穴に差し込んで終わりです。

chrome cast = wifi = 自分のスマホ

のような状態で繋げればモニターにスマホ画面が映ります。

※こうった事のできる商品は他の会社やコピー商品でもありますが、自分は正規品にしました。

機械音痴でも分かる使いやすさ
長持ちを基本で考えるなら正規品が良い

海外生活する上で大事な考え

・本当に必要な物だけで良い
・現地で買うその行動が大事
ブログで書いてる必要な物紹介は要らないものばかり(アフェリエイト勢)

海外生活が不安で日本から沢山の物を持っていきたい気持ちは分かりますが必要以上に持っていくのはオススメしません

色々なブログを見ると「○○は必須」「日本から持っていく物20選」みたいに書いてありますがあれはブログの収益を増やすために、SEO対策で上位表示をするためにリンクを貼りまくったり文字数を増やしているだけです。

大体のものは現地で揃います。ただ、どうしても無かったり明らかに質が落ちるものなどは買ったほうがいいくらいの話です。

むしろ何でもかんでも日本で買って持っていくというスタンスは海外生活に馴染めない可能性があります。海外生活に馴染めない人は「楽しくなかった」「思っていたのと違う」などネガティブイメージになる方が多いです。

どうせ海外生活するなら楽しむべきです。確かに現地で買い揃えるのは不安だったりします。しかし、それを乗り越えて買い揃えたり買い揃えるために色々と出かけたりするのは思い出になりますしその国で楽しむコツが見つかります。

必要なものは持っていって後は現地で買い揃えるような動きをしてもらえればと思います。

マストの忘れ物チェックリスト

海外に行った後にマストの物を忘れたら洒落にならないですからね。海外生活をする際は日本から持っていくようにしましょう。

パスポート

言わずもがなですね。

銀行カード

日本に一時帰国する時や本帰国する時に使いますので、今使っているカードはお忘れのないように日本から持っていきましょう。

クレジットカード

・2枚で良い
・エポスカード or 楽天カード AND 新生銀行のGAICAカード

エポスカードと楽天カードは無料だからです。発行と年会維持にお金がかからず海外旅行保険の付帯もあるので1番お得です。見栄を除けばこの2択しかないと思っています。

今回紹介したいのは新生銀行のGAICAです。海外生活に特化したクレジットカードです。デビットカードのようにGAICA中に必要なお金を入れてその分だけ利用できるクレジットカードです。ATMからも現地通貨で引き落とせます。海外でクレカを使うのが怖いという人にも安心です。

戸籍抄本・戸籍謄本(住民票を抜いた人)

私のように住民票を抜いて海外に行った人は持っておくことをオススメします。海外から戻り転入届を出す時に必要となります。海外から戻る時はバタバタしますので予め持っておくことをオススメします。

年金手帳(日本に帰国後、転職予定の人)

帰国後に会社を変えない人は問題ありませんが転職等する人は提出を求められるので日本から持っておいたほうが楽です。いちいち置いてある実家に帰らなくて済みます。

雇用保険被保険者証(日本に帰国後、転職予定の人)

年金手帳と同じ理由です。会社を辞める時に貰えます。自分のようなパターンはなかなかいないですが多くのケースで当てはめると現地採用の方が帰ってきて転職する時です。日本で務めていた時に退職時、これをもらっています。忘れずに日本から持っていきましょう。日本に置いておくと多分なくします。

SIMフリースマホ

今の携帯はデフォルトでSIMフリーでしたっけ?もちSIMフリースマホじゃなかったら空港着と同時に詰むのでSIMフリースマホにしておきましょうね。

もし今海外にもう1度いくなら

もし、もう1度海外駐在のようなことがあったら初回の渡航はカバン1つだと思います。

そこでその国でないものを確認して次の渡航時に揃えます。その時もキャリーバック1つに収まるようにします。

殆どのものは現地で買い揃えると思います。それくらい要らないものばっかりなんですよ。

今は多くの国で日本人向けのスーパーだったりユニクロがどこでもあります。ユニクロが嫌だったらH&Mもあります。ダイソーもあります。日系レストランもあります。無印良品もあります。ホントに何でもあるんですよ。いちいち日本で買ってもってくることってホントに無駄な労力です。

最低限の物に抑えて身軽に動けるようにしましょう。

もし海外旅行程度ならスマホとクレジットカードだけですね笑
そっちのほうが面白い旅行できそうですし話のネタになりますし。
(大体の物はいらないよって話です。)

荷物の多さチェック

キャリーバック1つで収まらないのであれば多いです。重さで言えば20kg

日本から持っていく全ての物は20kg分あれば充分です。

大体は服が多かったり靴を無駄に入れていたりします。服も靴も現地で揃います。ブランド店もあります。心配しなくても大丈夫です。

時代はコンパクトで手に物を持たない時代ですのでなるべく身軽にしましょう!

総括(荷造りしてみた)

日本から持っていった方が良い物とマストの忘れ持チェックリスト、荷物の目安を全て掛け合わせて持っていく全ての物はこちらになると思います。

キャリーバック

青汁
歯ブラシ
ワックス
スーツ下 2枚
変換プラグ
Chromecast
服(シャツ)2枚
服(インナー)2枚
下着 2枚
雇用保険被保険者証
戸籍謄本、戸籍抄本
年金手帳
ハンコ

リュックサック&服装

PC & マウス &充電器
USBケーブル
財布
パスポート
スマホ & 充電ケーブル
ビジネスシューズ(服装)
アウター(服装)
カジュアルジーンズ(服装)

現地で買えば良い物

足りない服
足りない靴
足りない下着
ドライヤー
化粧水、乳液
タオル
香水

※海外の家は基本的に家具家電が付いています。
※随時更新しておきますが大まかにはこれでOK

でわわわわ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました